MKVをDVDに変換する方法は?手軽に使えるおすすめのソフトも紹介!

mkv dvd MKV DVD 変換

MKV、MP4やAVIなど、動画ファイルには様々な形式があります。家庭用のDVDプレーヤーでMKV動画を楽しむには、通常MKVをDVDに変換する必要があります。今回はMKVの概要や、MKVをDVDに変換する方法、おすすめのソフトなどを紹介していきます。

専用のソフトを使えばMKVをDVDに焼くことができる!

MKVは、映像や音声だけではなく、字幕などのデータが格納されています。MKVは対応したプレイヤーがあれば、そのまま再生することも可能です。しかし、MKVは他のファイル形式に比べると容量が大きく、ハードディスクを圧迫してしまいます。パソコンのハードディスクが一杯になると動作に支障をきたしますし、他のデータを保存することができなくなります。

そういう時に有効なのが、MKVをDVDに変換する方法です。DVDに焼いてしまえば、容量の大きいMKVでハードディスクを圧迫することもありません。MKVをDVDに焼くためには専用のソフトが必要です。無料のものから有料のものまで様々なソフトがあるので、使ってみてはどうでしょうか。

DVD Memoryを使ったMKVの変換方法

DVD Memoryは、高性能なビデオ編集機能が付いたDVD書き込みソフトです。誰でも簡単にMKVをDVDに焼けるということで人気になっています。

wondershare dvd memory

  1. DVD MemoryでMKVをDVDに焼くためには、まずソフトをインストールしてください。インストールができたらソフトを起動し、メニュー画面にある「DVDディスクを作成」を選択します。

2. 次に「画像やビデオを追加」からDVDに焼きたいMKVファイルを追加してください。

3. ファイルを追加すると動画編集のメニューが開きます。ここでテンプレートを選んだり、タイトルを追加したりすることが可能です。

4. 編集が終わったら出力形式を選ぶ画面が出てくるので、「DVD作成」をチェックしてください。ディスクラベルやTV規格などの設定を行い、「作成」ボタンをクリックすればDVDへの書き込み作業が始まります。

作業が終わるのを待てば、MKVのDVD変換は完了です。

Vidmore DVD 作成を使ってMKVをDVDに焼く方法

Vidmore DVD 作成は、MKVはもちろんWMVやMOV、MP4など様々な動画ファイルをDVDやブルーレイディスクに書き込みできるソフトです。

videmore

  1. ソフトをインストールして起動したら、「DVDディスク」を選択してください。メディアファイルを追加する画面が表示されるので、MKVファイルを追加しましょう。

2. 次にメニューの作成画面で、動画の編集を行います。

バックグラウンドミュージックの追加や、オープニングの追加ができます。編集が終わったら「プレビュー」ボタンを押して、どのように再生されるのか確認しておきましょう。

3. 問題なければ「焼く」をクリックし、DVDへの書き込みを開始してください。

Burnova – DVD 作成でMKVをDVDに焼いてみよう!

Burnova – DVD 作成は、簡単にDVDディスクやブルーレイディスクを作成できるソフトです。MKV以外にも、パソコンに保存されたローカル動画ファイル、ISOイメージファイルなどの書き込みにも対応しています。

burnova

MKVからDVDへの変換も数ステップで簡単に行うことができます。

  1. まずソフトを起動し「メディアファイルを追加」のボタンをクリックしてください。ファイル選択画面が表示されるので、DVDに焼きたいMKVファイルを選択します。ファイルを追加した後、ディスクタイプやアスペクト比、ビデオ画質などを設定することが可能です。

2. 動画を細かく編集したい時は、追加したファイルの右側に表示されている編集ボタンをクリックしてください。

3. 「次へ」をクリックすると、DVDを焼くための詳細設定画面が表示されます。「Discにライティング」をクリックしてDVDを選択すれば、追加したMKVをDVDに焼くことができます。

コピーの枚数を設定すれば、連続して複数枚のDVDを作成することも可能です。

MKVをDVDに変換できるフリーソフトを紹介!

#DVD Flick

DVD Flickは、フリーのDVDオーサリングソフトです。MKVやAVI、OGMなど幅広いファイル形式に対応しています。操作性が非常にシンプルなので、オーサリングソフトの扱いに慣れていない人でも、簡単にMKVをDVDに書き込むことができます。フリーソフトですが、ISOイメージファイルの作成やメニュー画面の作成、字幕の多重化など有料ソフトに負けない機能を備えています。

dvdflick(

#DVDStyler

DVDStylerは、MKVを簡単にDVDデータに変換できるソフトです。メニュー画面を付ける機能も付いているので、撮影したホームビデオをDVDに残したい時にも役立ちます。作成したDVDデータは、そのままディスクに書き込むことが可能です。

dvdflick

#Windows DVD メーカー

Microsoftが提供しているフリーソフトです。MKVやMPGなど様々なファイルを、家庭用のDVDプレイヤーで再生できるディスクに書き込むことができます。シーン選択メニューやメッセージ画面を作成する機能なども付いているので、誰でも簡単にオリジナルDVDを作成できます。ただし、windows10には対応していないので注意してください。

windowsdvdmaker

MKVに対応している人気のDVD作成ソフト

#Leawo DVD 作成

Leawo DVD 作成は、多機能なDVDオーサリングソフトです。あらゆる形式の動画ファイルに対応し、ブルーレイディスクやDVDを作成することができます。高品質なテンプレートが多数内蔵されているので、編集が苦手な人でも手軽に質の高いDVDを作成することができます。

leawo dvd creator

本ソフトはただのオーサリングソフトではなく、高機能な編集機能も備わっています。動画のトリミングやエフェクトの追加など、十分な編集機能が付いているので、本格的な映像作品を作りたいという方にも向いています。機能制限はありますが、無料版も用意されているので気になった人は試してみてください。

# iSkysoft DVD Creator

iSkysoft DVD Creatorは、windowsとMacに対応したソフトです。MKV以外には、mp4やWMV、AVIなどのフォーマットに対応しています。動画編集機能も付いているので、エフェクトやメニューなどを追加し自分好みに仕上げた上で、MKVをDVDに焼くことができます。豊富なテンプレートも付いているので初心者の方も安心です。

iSkysoft DVD Creator

iSkysoft DVD Creator

オンライン上でMKVをDVDに変換できるツール!

# Office Converter

Office Converterを使えば、オンライン上で手軽にMKVをDVDに変換することができます。DVDを作成する時にはいくつか制限がありますが、編集や細かい設定が必要ない場合には十分使えるでしょう。プロセスに時間がかかる点には注意してください。

Office Converter

# Aconvert

Aconvertは、MKVをDVD VOBファイルに変換するためのオンラインツールです。基本的にはVOBファイルに変換するために使われますが、変換したVOBファイルを使ってDVDに書き込むことも可能です。

aconvert

MKVをDVDに焼く時にはディスクの種類に注意しよう!

MKVをDVDに変換するためには、DVDディスクが必要になりますがいくつか種類があります。一般的によく使われているのがDVD-Rです。1度しか書き込みを行うことができませんが、読み込みは何度でもできますし価格が安いので手軽に使えます。DVD-RWと言われるディスクは、DVD-Rとは違い、何度でも書き込みができるディスクです。

ただし、MKVを焼く時や再生する時にはDVD-RWに対応したドライブが必要になるので注意してください。

DVDオーサリングソフトを使ってMKVを変換しよう!

MKVは、専用のオーサリングソフトを使えば簡単にDVDに変換することができます。様々なソフトがあり、それぞれ機能や対応しているファイルが変わります。もし動画を編集した上でDVDに焼きたい場合には、動画編集機能が充実しているオーサリングソフトがおすすめです。オーサリングソフトを初めて利用する方は、まず無料で使えるフリーソフトを試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました