利便性の高いMediaCoderの使い方や注意点について

MediaCoder MediaCoder

動画や音声ファイルの編集には専用のツールが必要ですが、性能だけではなく使いやすさも重要な選択肢になります。どれほど高性能でも使い方が難しければファイルの変換を適切に行うことはできません。その点、MediaCoderは利便性が高いことから初心者からベテランまで幅広い層に適していると言えるでしょう。ここではMediaCoderの特徴や使い方、注意点についてお伝えします。

利便性の高いMediaCoderの特徴やダウンロードの方法

#様々な形式に対応している変換ツール

MediaCoderは、Stanley Huangによって開発された、動画や音声ファイルの変換ができるソフトウェアです。

mediacoder

当初はフリーウェアとして配布されていたことから、知名度が高く、使い勝手の良さから広く普及しています。動画や音声データには様々な形式があるため、変換や編集を行うには形式に対応したソフトウェアが必要になります。

似たような機能のソフトウェアを複数持つことになるのでパソコンへの負担が大きく、フリーズなどのトラブルに見舞われる問題がありましたが、MediaCoderは多数の形式に対応しているので複数のソフトウェアを使い分ける手間がかかりません。

メディアならDVDやビデオCD、オーディオならMP3やAMRなど有名無名問わず、多くの形式に対応しています。

数種類程度の形式にしか対応していない変換ソフトが多い中、MediaCoderは開発された形式のほとんどに対応しているのが他との大きな違いです。種類の多さだけではなく、変換時の画質や音質も良好に保てるのが高く評価されている理由になっています。

動画の変換にありがちな音声ズレや音割れなどのトラブルにも対応している他、動画からの音声抽出やリサイズなどの編集も難しくありません。

そのため、これから動画や音声ファイルの編集を始める初心者から、より使い勝手の良い変換ツールを選びたいと考えているベテランまで、多くの人に適していると言っても過言ではありません。対応OSもウィンドウズ7以降のほとんどのウィンドウズやマックOSX、Linuxと幅広いので使用するパソコンを選びません。

#ダウンロードやインストールの方法について

MediaCoderをダウンロードするにはフリーウェアソフトを紹介しているサイトを利用するのが一般的な方法です。

MediaCoder

OSによっては32ビット版と64ビット版があるので、ダウンロードの際には確認が必須です。基本的にはダウンロードと記された箇所をクリックするだけで済むので手間がかかりません。

所要時間はパソコンの性能や回線の状況によって多少の違いはあるので一概に断言はできませんが、クリックしてもダウンロードが始まらない、速度が遅い場合はパソコンのF5キーを押すか、ミラーサイトを使うのが無難な対処法になります。

インストールについてはダウンロード済みのファイルを実行することで可能になります。言語設定の初期状態は英語ですが、この時点で日本語に選択することができます。選択後に再起動すると言語が日本語化しているので、後は画面上の指示に沿って操作するだけでインストールは完了です。

#操作性について

MediaCoderの基本的に画面上の指示に沿うだけで使いこなすことができるので、使い方は変換ツールの中ではシンプルと言えるでしょう。

多機能でありながら操作性は煩雑ではないので挫折する心配はほとんどありません。むしろ、MediaCoderのシンプルな操作性に慣れると他のツールが使いにくいと感じてしまうほどです。

動画のリサイズやアスペクト比の調整なども簡単に実行できる他、データごとの比較も容易なので使い勝手が良く、使いこなすほど利便性を堪能できると言えるでしょう。

MediaCoderを使用する際の注意点やトラブルへの対処法について

#アップデート時の注意点

MediaCoderを使いこなすにはデータのアップデートが欠かせません。新しいファイル形式に対応させるなどの目的がありますが、MediaCoderはアップデートの際にそれまで設定した様々な項目が初期状態に戻ってしまう欠点もあります。

アップデートの度に設定のやり直しを行うことになるのでその点は注意しなければいけません。

#ダウンロードの方法にも注意する

MediaCoderの入手はフリーソフトを紹介しているサイトからダウンロードするのが一般的ですが、稀に偽のデータをダウンロードさせる悪質な所があります。ウイルスを仕込んでいるケースもあるので、ダウンロードの際はサイト選びにも注意しなければいけません。

そのサイトが有名で利用者が多いことを予め確認しておくのがトラブルを避けるための工夫です。万が一、怪しいサイトを使ってしまった場合は速やかにウイルスチェックを行い、ダウンロードしたデータも削除します。セットアップしなくてもデータが存在しているだけで個人情報が漏れるなどの被害に見舞われるおそれがあるためです。

#データの扱いについて

MediaCoderのトラブルで多いのが動作の不具合です。パソコンの性能が低いことで起こるケースが多数なので、高性能のパソコンに買い替えることで大抵のトラブルは回避できます。パソコンの性能についてはクリアしているにも関わらず動作に不具合が生じる場合はMediaCoderのデータが破損している可能性があります。

見た目は正常でも一部の動作に大きな問題が生じているおそれがあるので、そのような場合は古いデータを削除し、改めてダウンロードするのが適切な対処法です。回線の状況に問題があるとダウンロードが途切れることがあるのでタイミングにも気を配ることを忘れてはいけません。

#日本語化の不具合について

MediaCoderはセットアップの際に言語を日本語に選択できますが、必ずしもすべての文面を正しく翻訳できるわけではありません。一部の文面は文字化けしたり、翻訳できず英語のまま表記されることがあります。操作性には影響はありませんが、内容を理解するのが困難になるのも事実です。無料で配布されている日本語化パッチを使うことでより正しい翻訳ができます。

#社会のルールを遵守することが大切

動画投稿サイトの増加、スマホの普及などの理由で動画編集は珍しいことではなくなりました。誰でも動画編集を行うと言っても過言ではない状況においてMediaCoderの普及は必然的な結果ですが、一方で手軽に動画を編集できることは著作権や肖像権の侵害に繋がりやすいリスクと隣り合わせになっていることを理解しなければいけません。

映画やテレビ番組の一部分を切り取って台詞や効果音を組み合わせるなど、自分好みの編集が容易にできることがMediaCoderの魅力ですが、あくまでも個人で楽しむことが前提です。公の場で流したり、金銭目的で配布するのは重大な違法行為に該当する可能性があります。社会的な信用の失墜にも繋がるので、編集した動画の扱いには注意が必要です。

また、フリー音源など自由に使用できるデータを使った場合も注意しなければいけません。営利目的での使用を許可していないデータが少なくありませんが、お金を取らなくても公の場で流す行為が営利目的と判断されることがあります。自分では遊びのつもりで作った動画を公開したことで法律に抵触してしまうケースは珍しくないことから、安易な公開は控えるのが賢明でしょう。

データをコピーして友人知人に配るのも営利行為と見做されることがあるので、トラブルを避けるためにも個人で楽しむことを徹底する姿勢が求められます。問題が生じた際は速やかにデータを破棄するのも動画作成者に必要な心得になります。

まとめ:動画編集の幅が広がる高性能ソフト

MediaCoderは多くの形式に対応している高性能な動画編集ソフトウェアです。様々なOSで使用できるので使う環境を選びません。操作性もシンプルなので扱いやすく、初めて動画編集を行う人に最適と言えるでしょう。また、多機能なことから他の編集ソフトに不満を抱いている人にも向いています。日本語化も容易なので外国のソフトウェアを敬遠している人でも使いこなすことが可能です

コメント

タイトルとURLをコピーしました