MakeMKVを使ってISOファイルを作成する方法

MakeMKVで何ができる?

makemkv ISO

MakeMKVは、DVDとBlu-rayディスクを丸ごとHDDフォルダにバックアップしたり、MKVに変換したりすることが可能なリッピング・バックアップソフトです。

 

基本情報:

  • 対応OS:MakeMKVはWindows、macOS、Linux
  • 対応コピーガード:ほぼすべてのDVDコピーガード及び一部のAACSとBD+の保護
  • 対応入力フォーマット:DVD、Blu-ray、地デジ録画ファイル(BDAV)、ISOファイル
  • 対応出力フォーマット:MKVもしくはHDDフォルダへのバックアップ

DVD、Blu-ray、ISOファイルに記録されている全ての音声や字幕、メタ情報、チャプターを保存し、画質や音質を無劣化でMKVファイルに拘束変換するため、ディスクからの読み取り時間をなくしたい人、HDDにデータを保存しておきたい人などにおすすめです。

このソフトは将来的に有料のシェアウェアソフトになる予定ですが、開発がある程度完了するまではbeta版として機能制限なしに30日間試用することが可能です。なお、このbeta版は条件を満たすことで試用期限を延長することができるため、実質最新の機能を無料で使用することができます。

残念なところ:

1. 一方で、変換後の出力はMKVもしくはHDDフォルダへのバックアップに限られますので、他のファイル形式に変換したいときやDVD、Blu-rayディスクなどに焼きたい場合には、ライティングソフトなどを別途用意しなければなりません。

2. DVDのコピーガードに関してはほぼすべて解除が可能ですが、一部のBlu-rayコピーガードしか解除できません。

3. DVD、ブルーレイを丸ごとバックアップできますが、圧縮コピー機能は持っていません。

MakeMKVのダウンロード・インストール方法

MakeMKVを利用するには、まずソフトをダウンロード・インストールする必要があります。

最初に、公式サイトに行ってソフトをダウンロードしなければなりません。MakeMKVは世界中で愛用されているソフトのため、公式サイト以外からもダウンロードできますが、ウイルスの混入や旧バージョンなどの疑いもありますので、公式サイトからのダウンロードがおすすめです。ただし、公式サイトは英語表記になっていますので注意が必要です。

ダウンロード

まずは公式サイトの左ダウンロードページ(https://www.MakeMKV.com/download/)に行きます。ダウンロードページの上部にMakeMKV最新バージョンのbeta版が表示されていますので、パソコンのOSを確認してから保存場所を指定してダウンロードしましょう。

このページにはwindowsとMac用のダウンロードリンクしかありませんが、Linuxを使う場合にはダウンロードリンクのすぐ上にあるforum pageという文字をクリックすると、専用ページにジャンプします。

インストール

任意の場所に保存したMakeMKV.exeをダブルクリックして、ライセンス契約書に同意します。
インストールしたいコンポーネントにチェックを入れてインストール先を指定し、次へと書かれたボタンをクリックすれば自動的にインストールが始まります。環境にもよりますが、ダウンロード、インストールに要する時間はいずれも数十秒~数分程度です。

MakeMKVでISOを作成する方法

MakeMKVはDVDやBlu-rayディスクのリッピング、およびmkvへの動画変換専用ソフトですので、ISOを作成するには他のソフトを使い、いくつかの工程を経なければなりません。

MakeMKVを使ってディスクやISOファイルをリッピングする

まず、MakeMKVを起動してからリッピングするディスクをドライブに挿入します。MakeMKVが自動的にディスクを解析しますので、作業が終了するまで待ちましょう。ISOファイルの場合は、「ファイルを開く」から解析するファイルをロードします。

解析を終えたら、画面左側にディスクのタイプやラベル、保護等の情報が、画面右側にドライブ情報とディスクが表示されます。

画面上部にあるバックアップボタンをクリックし、リッピングが必要な場合には「ビデオファイルを複号」にチェックを入れてからバックアップファイルの保存先を指定します。必要事項を指定してから「OK」を押すと、バックアップが始まります。

バックアップフォルダをISOファイルに変換する

ISOファイルの作成は、MakeMKVで行うことはできません。ImgBurnなどのライティングソフトを起動し、入力元としてバックアップフォルダを指定、出力先に任意の場所を指定してISOファイルに変換、保存しましょう。ライティングソフトは無料のものも多数ありますので、バックアップフォルダをISOファイルに変換できるのであれば、使い勝手の良いソフトを選びましょう。

MakeMKVを無料で使うには

MakeMKVは、将来的には有料化を検討されているものの、当面はbeta版として無料で使える状態になっています。ただし、無期限で使えるというわけではなく、30日間の試用期間は全ての機能を試すことができるという状態です。

とはいえ、この使用期間が切れても公認コードを入力すれば、期限を延長することができます。
beta版の公認コードの配布場所は公式サイトのフォーラム内ですが、英語のサイトなので探すのに苦労する人もいるでしょう。その場合、検索サイトで「MakeMKVbetakey」などを入力して検索すれば、公式サイト以外の入手先も比較的簡単に見つかります。ただし、公式サイト以外で入手する場合は個人情報の漏洩などに気をつけなければなりません。

ほとんどこのソフトを使わない場合でも、2カ月ごとに公認コードを更新しなければなりませんので、時折確認しておきましょう。

入手した公認コードは、認証手続きをしなければ有効になりません。

まず、MakeMKVを起動してツールバーからヘルプを選びます。選択肢の中に「公認」というボタンがありますのでそちらをクリックし、入力欄に入手した公認コードを入力すれば完了です。一度MakeMKVを終了してから再起動すると、また2カ月間無料で全機能が使えるようになります。これを繰り返すことで、実質無期限で使える状態です。

使用上の注意点

フリーソフトとして使うことができるにもかかわらず多機能なMakeMKVですが、使用する際にはいくつか注意しておくべきことがあります。

まず、このソフトは多くのDVDやBlu-rayディスクに対応していますが、相性が良くない一部のHD-DVDに対しては、オーディオと字幕をオリジナルのままで出力できません。また、DVDに関してはほとんどのディスクについてリッピングができますが、最新のBlu-rayディスクの保護機能には対応しておらず、バックアップができない可能性もあります。

この場合、MakeMKVがバージョンアップされるのを待つか、最新の保護機能にも対応している有料のリッピングソフトを使うしか方法がありません。

そして、現時点では料金が取れる状態ではないという開発者の意図からbeta版という扱いになっていますが、将来的には有料版しか配布されなくなる可能性も考えられます。半永久的にフリーソフトとして使えるとは限りませんので、時々は公式サイトをチェックしたり、MakeMKVの最新情報を見たりすると良いでしょう。

このソフトの性質上、リッピングが違法行為に該当するのかも注意しておきたいポイントです。著作権法は2012年10月に法改正があり、用途に関係なくコピーガードを外せば違法行為として扱われます。ただし、ネット上で公開したり販売したりしない限り罰則はなく、被害者となる製作者が訴える必要がある親告罪に該当します。そのため、個人で作成したディスクなどにつき、製作者が了解している場合はリッピングをしても問題ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました