カテゴリー
MakeMKV 使い方

MakeMKV の公認コードの登録方法や試用期間を延長する方法

MakeMKVには、無料ソフトウェアと有料ソフトウェアの二つのバージョンがあります。 MakeMKVを使用して、DVDおよびAVCHDディスクを自由に変換またはストリーミングできます。Blu-rayディスクの変換またはストリーミングは有料バージョンの機能ですMakeMKVはベータ版として有料機能(ブルーレイの変換など)を無料で試用できますが、およそ30日ごとに試用期間が切れて使えなくなります。試用版の有効期限が切れた後に使用して続けたい場合は、試用期間の延長操作を行う必要があります。

MakeMKVはDVD・Blu-ray動画ファイルをMKVに変換できるソフトウェアです。MKVはMatroska Videoの略です。Matroskaは映像、音声、字幕などのデータを格納するためのマルチメディアコンテナフォーマットで、ライセンスフリーのうえで、すべてのOSで再生できるので、人気の動画形式の一つです。MKVに変換すると、動画以外に、音声トラック、字幕、チャプター、メタ情報など、すべてがそのまま保存できます。

MakeMKVはWindowsバージョンとMac(OS)バージョンがあります。さらに、Linuxでも利用できるバージョンが提供されます。最新バージョンは1.14.7(Win&Mac)です。最後に更新されたのは2010年なので、最新のコピーガードには対応できません。

OS:Windows XP/ Vista/ Win7 (32bit、64bit)x86

Mac OS X 10.5 以降

対応プロテクト:AACS と BD+ (CPRMやAVCRECなどには未対応)

MakeMKVには、無料ソフトウェアと有料ソフトウェアの二つのバージョンがあります。 MakeMKVを使用して、DVDおよびAVCHDディスクを自由に変換またはストリーミングできます。Blu-rayディスクの変換またはストリーミングは有料バージョンの機能です。MakeMKVはベータ版としてずっと無料で試用できますが、およそ30日ごとに試用期間が切れて使えなくなります。30日間の試用期間中は、有料機能(ブルーレイの変換など)を無料で使用できます。MakeMKVは、購入前に試せるソフトウェアで、30日間無料で試用できるため、プログラムの機能を確認するのに十分だと思います。試す期間中では機能が制限されなくて、全機能を使ってみることができます。唯一の制限は有効期限です。もしMakeMKVが気に入って、30日間の試用版の有効期限が切れた後に使用して続けたい場合は、以下のように試用期間の延長操作を行う必要があります。

MakeMKVを試用期間が終了した後に利用するには、公認キーを購入することが求められます。公認キーは、すべてのプラットフォーム上のすべてのMakeMKVバージョンに有効です。有効期限やサブスクリプションはありません。AACSおよびBD+というコピーガードで暗号化されたBlu-rayディスクを処理できます。

実際には、30日間の試用期間が終わっても、公式的な試用期間を延長する方法があります。クラックなどを探す必要がありません。

まず、MakeMKV公式サイトの「アナウンスページ」を開きます。

「MakeMKV is free while in beta」をクリックします。

「Code」のところにある文字列を選択&コピーします。

MakeMKVを起動します。そして「ヘルプ」→「公認」の順でクリックします。

入力欄が表示されます。コピーしたコードをペーストしてから「OK」ボタンを押します。

これで公認ができて、試用期間が30日間延長されます。以上で試用期間が延長されます。この作業は繰り返してできます。コードは1ヶ月ごとに変更されるので、試用期間が切れるたびにこの操作を行う必要があります。

ただし、月末月初は時差の都合で掲載されている公認コードが認証されない場合があります。どうしてもうまく認証されない場合は翌日にチャレンジということになります。

メインページで述べたように、MakeMKVのすべての機能は、プログラムがベータ版である間は無料です。プログラムが気に入ってサポートを表示したい場合は、完全なアクティベーションキーを購入できますが、一時的なベータキーを使用することもできます。

公認キーを購入するページは公式サイトのホームページで直接なリンクがないみたいで、ソフトを起動して、「ヘルプ」をクリックしてから、「購入」をクリックしてください。それで、購入ページが開かれます。支払いに使えるクレジットカードの種類が結構多くて、Paypal、銀行振込などの支払い手段もサポートされます。支払いができれば、送られた公認コードをコピーして、ソフトのインターフェースで「ヘルプ」を押してから「公認」をクリックします。コピーしたコードをペーストすれば、認証が完了です。

先ほど述べたように、MakeMKVが便利な無料で利用できるソフトではありますが、もうアップデートが行っていないため、対応できるコピーガードの種類が少なくて、最近発売されたDVDやブルーレイディスクのコピーガードを解除できないことが多いです。それから、出力がMKVの一つしかありませんので、出力した動画ファイルを直接にスマホやタブレットで再生できないこともあります。このようなデバイスで再生するには、またほかのソフトを使って、MP4に変換しなければなりません。また、実際にBlu-ray動画ファイルをリッピングしてみれば、一部のタイトルは変換が失敗してしまって、結局映画の一部の内容が見れなくなってしまいました。すでに開発中止のソフトなので、こういうエラーや問題が起こったとしても、すぐに対応してくれそうもないから、時間を無駄にしないように、DVDFabのようなほかのDVD・BDコピー・リッピングソフトウェアを入手しておいたほうがいいかもしれません。

DVDFabはDVD、ブルーレイなどの動画・音声を処理するソフトウェアです。Blu-ray リッピングモジュールを使って、ブルーレイ動画ファイルをMKV、MP4、AVIなどの形式に変換することができます。さらに、ほぼすべてのコピーガードを解除できて、傷のあるディスクも問題なく処理できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください