AviUtlでMKVの読み込みができない!そんな時に試したい対処法を紹介

AviUtl mkv AviUtl MKV

様々な動画編集ソフトがありますが、中でも多くの人に利用されているのがAviUtlというソフトです。フリーソフトにも関わらず多機能ということで人気があります。しかし、中には「AviUtl MP4 読み込めない」、AviUtlで上手くMP4などの動画が読み込めず困っているという方もいるかもしれません。今回はAviUtlでMKVを読み込む方法や、動画が読み込めない時の対処法などを詳しく紹介していきます。

AviUtlでMKVを読み込む方法は?

AviUtlは、世界中に愛用者が存在する優秀な動画編集ソフトです。しかし、ネット上では「AviUtl 動画 読み込めない」、「AviUtlにMKVファイルが読み込めなくて困っている」という声も多くあります。AviUtlは、デフォルトの状態ではAVI等の基本的なファイルしか読み込むことができません。MP4、MKVをAviUtlに読み込み、拡張編集を行いたい場合には、exedit.iniファイルの設定変更が必要になります。

exedit.iniファイルというのは、AviUtlの拡張プラグインに同梱されているファイルで、タイムラインに読み込める動画のファイル形式を決めるためのものです。簡単に言えば、exedit.iniに記載されているファイル形式しか、タイムラインに読み込めないということです。

exedit.ini

AviUtl本体のフォルダから「exedit.ini」を開くと、[extension]という項目があります。その下に様々なファイル形式が書かれています。

exedit.ini_mkv(

その中に「.mkv=動画ファイル」「.mkv=音声ファイル」の2つを追記して下さい。こうすることで、タイムライン上にMKVファイルをドラッグ&ドロップして動画を編集できるようになります。

AviUtlで扱える拡張子を増やす方法

exedit.iniを編集することで、MKV以外の拡張子も簡単に扱えるようになります。MKVを追加した時と同じように、exedit.iniにAviUtlで扱いたい拡張子を追加していけば大丈夫です。追加する時は「.○○=動画ファイル」もしくは、「.○○=音声ファイル」という形式にしなければなりません。動画ファイルと音声ファイルで、追記の仕方が変わるので注意してください。

画像ファイルを追加したい場合は、「.○○=画像ファイル」という形式になります。○の部分には、追加したい拡張子の名前を入れてください。

AviUtlで動画ファイルが読み込めない場合の対処法

#exedit.iniを確認してみる

AviUtlに動画が読み込めない時、まず確認しておきたいのがexedit.iniです。exedit.iniを編集することで様々な拡張子を読み込めるようになりますが、追記の仕方が間違っていると読み込むことができません。

追記するのは、「.○○=動画ファイル」や「.○○=音声ファイル」などの項目です。半角の箇所を全角にしているだけでも読み込むことができないので、正しく入力されているかしっかり確認しておきましょう。

#動画のファイル名を変更してみる

動画のファイル名を変更することで、AviUtl MP4 読み込みができたという場合もあります。ファイル名に絵文字などの特殊な文字が入っていると、AviUtlが認識できずに読み込めなくなってしまいます。ファイル名は基本的に半角英数字にしておくとよいでしょう。スペースも入れないようにしてください。また、フォルダ名が原因で読み込めないケースもあるので、特殊な文字は使わず半角英数字の名前にしておくのが無難です。

#動画を違う方法で読み込んでみる

AviUtlは、動画や画像のファイルをドラッグ&ドロップでタイムラインに追加することができます。しかし、この方法では動画を読み込めないケースもあります。その場合は他の読み込み方法を試してみてください。「メディアオブジェクトの追加」という項目があるので、そこから「動画ファイル」を選択し、ファイルを選べばタイムライン上に追加されます。

#動画に使われているコーデックをインストールする

動画にはコーデックというものが使用されているのですが、コーデックがパソコンにインストールされていないとAviUtlにファイルを読み込むことができません。動画ファイルによって使われているコーデックが変わるので、読み込めるファイルや読み込めないファイルが出てくるというわけです。読み込みたい動画ファイルのコーデックを調べ、しっかりパソコンにインストールされているか確認してみてください。

#L-SMASH Worksを導入しておく

l-smash

L-SMASH Worksは、様々な動画ファイルをAviUtlで扱えるようにするためのプラグインです。どんなコーデックをインストールすればよいか分からないという方は、とりあえずL-SMASH Worksを導入しておきましょう。

ここでは評価の高い「L-Smash Works」の導入方法を解説していきます。

① まず、AviUtl本体のフォルダ内に「Plugins」というフォルダを作って下さい。語尾に「s」が付くことに注意しましょう。

➁ 次に、配布サイトの「RePOPn」にアクセスして「L-Smash Works rXXX」(XXXには最新版の数字が入ります)をダウンロードし、ダウンロードしたZIPファイルを展開します。ファイルに入っている「lwcolor.auc」「lwdumper.auf」「lwinput.aui」「lwmuxer.auf」の4つを「Plugins」フォルダ内に移します。

③ 4つのファイルを「Plugins」内に移せばインストールは終了ですが、「入力プラグインの優先度」の変更も忘れず行いましょう。

④ 「ファイル」を開いて「環境設定」から「入力プラグイン優先度の設定」を選択し、ウィンドウを表示させます。「L-SMASH Works File Reader」を選択状態にしてから「下に移動」をクリックして下さい。

⑤ 「L-SMASH Works File Reader」が一番下になったら「OK」を押しましょう。

これで「L-Smash Works」の導入は完了です。AviUtlに様々な動画ファイルが正しく読み込めるようになっているか試してみましょう。

L-Smash Worksの導入について、詳しくはこちらへ >> AviUtlのプラグインとは? おすすめのプラグインも紹介!

#L-SMASH Worksの設定を変えてみる

mkv 読み込み

L-SMASH Worksを導入しても、動画ファイルが読み込めないケースがあるかもしれません。その時は、L-SMASH Worksの設定を変えてみてください。L-SMASH Worksの設定は、AviUtlの環境設定から行うことが可能です。

画面上部にある「ファイル」のタブの中に「環境設定」という項目があります。その中にある「入力プラグインの設定」があるので、「L-SMASH Works File Readerの設定」を選択します。いくつか設定の項目がありますが、「Livav+L-SMASH」のチェックが付いている場合は外してみてください。それで症状が改善する可能性があります。

#入力プラグインの優先度を変更する

AviUtlは様々なプラグインを導入できますが、プラグインの優先度を変えることで動画ファイルが読み込めるようになる場合があります。入力プラグインの優先度は、環境設定から変更可能です。「環境設定」の中にある「入力プラグイン優先度の設定」を選択すると、導入しているプラグインの一覧が表示されます。

lsmash

その中にある「L-SMASH Works File Reader」を最上段に並び替えてください。これで、L-SMASH Works File Readerが最優先されます。L-SMASH Works File Readerは、様々な拡張子に対応させるためのプラグインなので、優先度を高くすることで動画が読み込めるようになる可能性があります。それでもダメな場合は、「AVI/AVI2 File Reader」を最優先にしてみてください。

#DirectShow File Readerを導入してみる

どうしても動画が読み込めない場合は、DirectShow File Readerを導入してみてください。公式ページからDirectShow File Readerをダウンロードし、ファイルを解凍します。展開されたファイルの中に「ds_input.aui」というファイルがあるので、それを「AviUtl.exe」と同じ階層のフォルダに入れてください。

DirectShow File Reader

DirectShow File Readerの導入が済んだら、「入力プラグイン優先度の設定」で最優先に設定すれば導入は完了です。動画ファイルが読み込めるようになったら、一度何の編集も行わず動画を保存します。その後は、入力プラグインの優先度を元通りにしておいてください。

#スケーリングを無効にしてみる

AviUtlは、デフォルトの設定でスケーリングが有効になっています。通常はスケーリングを有効にしておいて問題ありませんが、複数の動画を読み込む際に不具合が出る可能性があります。動画が上手く読み込めない時は、スケーリングを無効にしてみるのも1つの手です。

高DPI設定の変更

スケーリングの設定をする時は、まずAviUtlをインストールしたフォルダ内にある「AviUtl.exe」を右クリックし、プロパティ画面を開いてください。

「互換性」というタブの中に「高DPI設定の変更」があるので、それをクリックします。「高いDPIスケールの動作を上書きします。拡大縮小の実行元」にチェックが入っていない場合はチェックを入れ、「アプリケーション」を選択してください。これでスケーリングを無効化できます。

#MKVを別の動画ファイル形式に変換する

どうしてもMKVを読み込めない場合は、MKVを別の動画ファイルの形式を変換しましょう。MKVファイルの形式変換は「vlc Media Player」などのソフトを使うことで簡単に実行できます。変換するファイル形式は、汎用性の高いMP4をお勧めします。

動画形式を変換するなら、定番のソフトDVDFab 動画変換Proという動画変換・編集バンドルがおすすめです。

なぜかというと、DVDFab 動画変換Proは、あらゆる動画を目的の動画・音声形式に変換できて、数多くの入出力に対応した非常にパワフルな動画変換ソフトです。しかも、VideoCruiseおよびToolkitという動画編集に専門な製品も含み、あらゆる動画形式を変換、動画のプロ級の編集および初心者向けの簡単な動画・音声編集ツールを同梱されるコストパフォーマンスが最高の動画処理ツールバンドルです。

無料ダンロード(30日間無料体験)

35%OFFで無期限版を購入

AviUtl MP4 読み込みができない、またはAviUtl MP4 読み込めない,AviUtl 動画 読み込めないの場合、動画形式を変換する方法をやってみましょう!

AviUtlを活用してMKVを編集しよう!

AviUtlは、無料で使える高機能な動画編集ソフトです。デフォルトの状態ではMKVを読み込めませんが、しっかり設定をすれば様々な拡張子に対応させることができます。自分好みに機能を拡張したり、使いやすくしたりできるプラグインが多数開発されているのも魅力です。MKVを読み込めるように設定をした上で、AviUtlを活用してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました