カテゴリー
MakeMKV 使い方

MakeMKV の公認コードの登録方法や試用期間を延長する方法

MakeMKVはDVD・Blu-ray動画ファイルをMKVに変換できるソフトウェアです。MKVはMatroska Videoの略です。Matroskaは映像、音声、字幕などのデータを格納するためのマルチメディアコンテナフォーマットで、ライセンスフリーのうえで、すべてのOSで再生できるので、人気の動画形式の一つです。MKVに変換すると、動画以外に、音声トラック、字幕、チャプター、メタ情報など、すべてがそのまま保存できます。

MakeMKVはWindowsバージョンとMac(OS)バージョンがあります。さらに、Linuxでも利用できるバージョンが提供されます。最新バージョンは1.14.7(Win&Mac)です。最後に更新されたのは2010年なので、最新のコピーガードには対応できません。

OS:Windows XP/ Vista/ Win7 (32bit、64bit)x86

Mac OS X 10.5 以降

対応プロテクト:AACS と BD+ (CPRMやAVCRECなどには未対応)

MakeMKVには、無料ソフトウェアと有料ソフトウェアの二つのバージョンがあります。 MakeMKVを使用して、DVDおよびAVCHDディスクを自由に変換またはストリーミングできます。Blu-rayディスクの変換またはストリーミングは有料バージョンの機能です。MakeMKVはベータ版としてずっと無料で試用できますが、およそ30日ごとに試用期間が切れて使えなくなります。30日間の試用期間中は、有料機能(ブルーレイの変換など)を無料で使用できます。MakeMKVは、購入前に試せるソフトウェアで、30日間無料で試用できるため、プログラムの機能を確認するのに十分だと思います。試す期間中では機能が制限されなくて、全機能を使ってみることができます。唯一の制限は有効期限です。もしMakeMKVが気に入って、30日間の試用版の有効期限が切れた後に使用して続けたい場合は、以下のように試用期間の延長操作を行う必要があります。

MakeMKVを試用期間が終了した後に利用するには、公認キーを購入することが求められます。公認キーは、すべてのプラットフォーム上のすべてのMakeMKVバージョンに有効です。有効期限やサブスクリプションはありません。AACSおよびBD+というコピーガードで暗号化されたBlu-rayディスクを処理できます。

実際には、30日間の試用期間が終わっても、公式的な試用期間を延長する方法があります。クラックなどを探す必要がありません。

まず、MakeMKV公式サイトの「アナウンスページ」を開きます。

「MakeMKV is free while in beta」をクリックします。

「Code」のところにある文字列を選択&コピーします。

MakeMKVを起動します。そして「ヘルプ」→「公認」の順でクリックします。

入力欄が表示されます。コピーしたコードをペーストしてから「OK」ボタンを押します。

これで公認ができて、試用期間が30日間延長されます。以上で試用期間が延長されます。この作業は繰り返してできます。コードは1ヶ月ごとに変更されるので、試用期間が切れるたびにこの操作を行う必要があります。

ただし、月末月初は時差の都合で掲載されている公認コードが認証されない場合があります。どうしてもうまく認証されない場合は翌日にチャレンジということになります。

メインページで述べたように、MakeMKVのすべての機能は、プログラムがベータ版である間は無料です。プログラムが気に入ってサポートを表示したい場合は、完全なアクティベーションキーを購入できますが、一時的なベータキーを使用することもできます。

公認キーを購入するページは公式サイトのホームページで直接なリンクがないみたいで、ソフトを起動して、「ヘルプ」をクリックしてから、「購入」をクリックしてください。それで、購入ページが開かれます。支払いに使えるクレジットカードの種類が結構多くて、Paypal、銀行振込などの支払い手段もサポートされます。支払いができれば、送られた公認コードをコピーして、ソフトのインターフェースで「ヘルプ」を押してから「公認」をクリックします。コピーしたコードをペーストすれば、認証が完了です。

先ほど述べたように、MakeMKVが便利な無料で利用できるソフトではありますが、もうアップデートが行っていないため、対応できるコピーガードの種類が少なくて、最近発売されたDVDやブルーレイディスクのコピーガードを解除できないことが多いです。それから、出力がMKVの一つしかありませんので、出力した動画ファイルを直接にスマホやタブレットで再生できないこともあります。このようなデバイスで再生するには、またほかのソフトを使って、MP4に変換しなければなりません。また、実際にBlu-ray動画ファイルをリッピングしてみれば、一部のタイトルは変換が失敗してしまって、結局映画の一部の内容が見れなくなってしまいました。すでに開発中止のソフトなので、こういうエラーや問題が起こったとしても、すぐに対応してくれそうもないから、時間を無駄にしないように、DVDFabのようなほかのDVD・BDコピー・リッピングソフトウェアを入手しておいたほうがいいかもしれません。

DVDFabはDVD、ブルーレイなどの動画・音声を処理するソフトウェアです。Blu-ray リッピングモジュールを使って、ブルーレイ動画ファイルをMKV、MP4、AVIなどの形式に変換することができます。さらに、ほぼすべてのコピーガードを解除できて、傷のあるディスクも問題なく処理できます。

カテゴリー
大歳

MakeMKV 認定コードの登録と拡張方法

MakeMKVは、MKVにブルーレイDVDビデオファイルを変換することができ、ソフトウェアです。MKVはMatroska Video.Matroskaの略は、ビデオ、オーディオ、字幕などのデータを格納するためのマルチメディアコンテナ形式であり、ライセンスの自由であり、すべてのオペレーティングシステムで再生することができるため、最も一般的なビデオフォーマットの一つです。MKVに変換すると、すべてのオーディオトラック、字幕、チャプター、メタ情報などを保存することができます。ビデオ以外にも、このとおりです。

メイクMKVには、ウィンドウとマック(SoS)のバージョンがあります。また、最新バージョンLinux.Laバージョンは1.14.7(Win&Mac)です。最後のアップデートは2010年だったので、最後の保護をサポートすることはできません。

オペレーティング システム: Windows XP /Vista / Win7 (32 ビット、64 ビット) x86

Mac OS X 10.5 以降

互換性のある保護:AACSとBD+(CPRM、AVCRECなどと互換性がありません)

MakeMKVは2つのバージョンがあります:フリーソフトウェアと有料ソフトウェア。MakeMKV を使用して、DVD および AVCHD ディスクを自由に変換またはストリーミングできます。Blu-ray ディスクの変換またはストリーミングは、この機能の有料版です。MakeMKVはベータ版として長い間ご利用いただけますが、試用期間は30日ごとに使用できません。30日間の試用期間中は、有料機能(ブルーレイ変換など)を無料で利用できます。MakeMKVは、あなたがそれを購入する前に試すことができるソフトウェアであり、あなたは30日間無料でそれを試すことができるので、私はそれがプログラムの機能をチェックするのに十分だと思います。試してみる期間中は、制限を受けることなくすべての機能を使用できます。唯一の制限は、有効期限です。MakeMKV が好きで、30 日間の試用期間が終了した後も使用を継続する場合は、次のように試用期間を延長する必要があります。

試用期間が終了した後に MakeMKV を使用するには、認証されたキーを購入するよう求められます。公式キーは、すべてのプラットフォーム上の MakeMKV のすべてのバージョンに対して有効です。有効期限またはサブスクリプションはありません。コピーガード、AACS、BD+で暗号化されたブルーレイディスクを処理できます。

実際、30日間の試用期間が終了した後も、公式の試用期間を延長する方法があります。亀裂を探す必要はありません。

まず、公式MakeMKVウェブサイトで「広告ページ」を開きます。

ベータ版の場合は、MakeMKV をクリックすると無料です。

テキストを選択してコードにコピーします。

MakeMKV を起動し、「ヘルプ」>「認証済み」をクリックします。

入力フィールドが表示されます。コピーしたコードを貼り付け、OKボタンを押します。

これにより、試用期間を30日延長することができます。これにより、試用期間が延長されます。このタスクを繰り返すことができます。コードは毎月変更されるため、試用期間が経過するたびに変更する必要があります。

ただし、月の初めに、時差のために公開されている公式コードは認証できません。どうしても良い認定を受けなければ、次の日は挑戦になるでしょう。

ホームページに記載されているように、プログラムがベータ版である間、MakeMKVのすべての機能は無料です。プログラムが好きでサポートを確認したい場合は、完全なアクティベーションキーを購入するか、一時的なベータキーを使用することができます。

公式キーを購入するページは、公式サイトのホームページに直接リンクを持っていないようです、ソフトウェアを起動し、「ヘルプ」をクリックし、「購入」をクリックしてください。購入ページが開きます。支払いに使用できるクレジットカードには、かなりの種類があり、Paypalや銀行振込などの支払方法もサポートされています。支払いが可能な場合は、送信された公式コードをコピーし、ソフトウェア インターフェイスの [ヘルプ] をクリックし、[承認済み] をクリックします。

先に述べたように、MakeMKVは便利なフリーソフトウェアですが、それ以上のアップデートが行われていないので、処理できるコピープロテクターの種類が少なく、DVDディスクやBlu-rayからコピープロテクターを削除することは不可能なことがよくあります。最近。その後、出力はMKVの1つだけなので、スマートフォンやタブレットで直接出力ビデオファイルを再生できない場合があります。このようなデバイスで再生するには、他のソフトウェアを使用してMP4に変換する必要があります。また、実際にBlu-rayビデオファイルをリッピングしたとき、いくつかのタイトルは変換できず、最終的に映画のコンテンツの一部を見ることができませんでした。開発中断ソフトウェアであるため、このようなエラーや問題が発生してもすぐに応答する可能性は低いので、時間を無駄にしないため、DVDFabのような他のソフトウェアのコピーや抽出DVD、BDを入手することができます。

DVDFab は、ビデオとビデオやオーディオを処理するソフトウェア DVD と Blu-ray.ブルーレイ抽出モジュールを使用して、BLU-ray ビデオ ファイルを MKV、MP4、AVI およびその他の形式に変換できます。さらに、ほぼすべてのコピープロテクターを取り外し、破損したディスクをスムーズに処理できます。

カテゴリー
MakeMKV 使い方

MakeMKV 使い方!Blu-rayをHDDに丸ごとバックアップする方法∣バックアップできない時の対処法と代替ソフト∣バックアップしたフォルダをBDに焼く方法

目次

MakeMKVについて

MakeMKV を使って、Blu-rayビデオをHDDに丸ごとバックアップする方法

MakeMKVバックアップできない時の対処法と代替ソフトウェア

MakeMKVでバックアップしたフォルダをBDに焼く方法

 

MakeMKVについて

MakeMKVはDVD-Videoやブルーレイディスクのデータをリッピングして、MKVに無劣化保存するソフトウェアです。またDVDやBlu-rayディスクをHDDに丸ごとバックアップすることもできます。MakeMKV本体は有料ソフトウェアですが、ベータ版のMakeMKV Betaをフリーで提供しています。MakeMKV Betaは30日間の試用期間があり、期限が切れたら、公式サイトのForum > News and Announcements > MakeMKV is free while in betaから定期的に発行される「Current Beta Key」を入手すれば、使用し続ける事が可能です。

make mkv

MakeMKVの特徴:

DVDとBlu-rayディスクに対応します。

AACSとBD +の保護を解除できます。

すべてのオーディオ、メタ情報、チャプターを保存します。

画質・音質劣化無し、高速に変換

DVDやBlu-rayビデオを丸ごとバックアップできる

 

MakeMKV を使って、Blu-rayディスクをHDDに丸ごとバックアップする方法

今回、MakeMKVバックアップの方法について紹介したいと思います。MakeMKVは市販のDVDビデオ、市販のBlu-rayビデオ及び地デジの番組を録画したBDAVビデオに対応して、DVDやBlu-rayを丸ごとバックアップして、フォルダにリッピングできます。以下はMakeMKV Betaを利用して、Blu-rayディスクのAACS保護を解除して、HDDに丸ごとバックアップする方法を紹介します。

Step 1:まず、公式サイトからMakeMKV Betaをダウンロードして、PCにインストールします。MakeMKV Betaを起動して、Blu-rayディスクをドライブに入れます。

*MakeMKVはWindows、Mac OS X、Linuxで利用可能です。

Step 2: MakeMKV Betaは自動てBlu-rayディスクの解析が始まります。数秒後、左の画面にタイプ、ラベル、保護を含むソース情報が表示され、右の画面にドライブ情報とディスク情報が表示されます。右の画面が灰色になり、何も表示されない場合、左側のBlu-rayディスクが入っているドライブのアイコンをクリックしてください。

Step 3: メニューバーの「バックアップ」ボタン(左から2番目のアイコン)をクリックして、表示される画面で、「ビデオファイルを復号」をチェックして、出力フォルダを指定して、「OK」をクリックします。

まず、MakeMKVはAACS解除をして、AACS解除の後、Blu-rayデータのバックアップが自動的に行われます。バックアップ中、ソース、読込速度、出力ファイル、出力サイズ、ディスクの空き容量、MakeMKVコピーの経過時間や予想完了時間などの情報が表示されます。

バックアップにかかる時間はドライブの性能次第ですが、1時間(39.12GB)のBlu-rayが、約1時間20分でフォルダにバックアップ出来ました。オレンジ色の手のアイコンをクリックすれば、タスクをいつでもキャンセルすることができます。

MakeMKVバックアップできない時の対処法と代替ソフトウェア

 

よく発生するMakeMKV エラーと対処法

1:バックアップボタンが灰色で、無効になる

対処法:メニューバーの「ファイル」-「閉じる」をクリックすると、バックアップボタンが有効になるかもしれません。あるいは、MakeMKVを再起動してみてください。

2:リッピング中、Scsiエラーが発生する/ディスクを開く時の失敗

対処法:

  • 柔らかい布でディスクの表面を丁寧にクリーニングして、もう一度試してください。
  • ディスクを交換します。
  • MakeMKVの設定で「読み取り再試行回数」をより大きな値に増やし、25を選択することをお勧めします。
  • 別のドライブまたは新しいドライブを試してください。また、外部ドライブを使用している場合は、ドライブに十分な電源を供給してください。

3:保存中に失敗

対処法:出力先は十分の空き容量があるかどうかを確認してください。出力フォルダを変えてから、も一度お試しください。

結論:MakeMKVはDVDやBlu-rayのフリーリッピング・バックアップソフトとして使用できますが、エラー多発で、バックアップ失敗のことがあります。その時、MakeMKVの代替ソフトウェアを使用するのをお薦めします。

MakeMKVの代替ソフトウェア-Passkey for ブルーレイ

PasskeyはDVDFabの人気製品として、DVD、Blu-ray 、BDAVや4K Ultra HD Blu-rayビデオに対応して、それらのディスクのコンテンツをフォルダまたはISOにリッピングして、HDDに保存することができます。PasskeyはPasskey for DVDとPasskey for ブルーレイに分かれています。Blu-rayをバックアップするには、Passkey for ブルーレイを使用する必要があります。Passkeyをダウンロードしてから、30日間の試用期間があります。期限が切れたら、フリー版のPasskey Liteを引き続き利用できますが、機能が制限されています。

passkey for Blu-ray
DVDFab Passkey for ブルーレイ

対応のOS:Windows 10/8.1/8/7 (32/64 bit)

対応のコピーガード:AACS 、BD+ 、3D BD+ 、AACS MKB v 26 、リージョンコード、BD-Live、UOP

入力ファイル形式:Blu-ray、録画したBDAV、4K Ultra HD Blu-ray

出力ファイル形式:フォルダ、ISOイメージファイル

以下はPasskey for ブルーレイを使用して、Blu-rayをHDDにバックアップする方法です。

Step 1:まず、Passkeyの最新版をダウンロードして、PCにインストールします。ドライブにBlu-rayディスクを入れて、Passkeyを起動して、Blu-rayオプションを選択します。

Step 2: PasskeyはBlu-rayソースを読み取ります。数秒後、ディスクに付いたコピーガードとリージョンコードの制限が除去されます。Passkeyのインタフェースの右側にある情報ウィンドウでドライブ情報、コピーガードの種類をチェックできます。

Step 3: 設定ウィンドウを閉じて、タスクバーの右側におけるPasskeyのアイコンを右クリックして、表示されたメニューから「ハードディスクにリッピング」か「イメージファイルにリッピング」をクリックして、表示されたウィンドウで「ターゲット」を選択した後、「リッピング」ボタンをクリックします。

以上はPasskey for ブルーレイを使用して、Blu-rayをHDDにリッピングする操作手順です。

MakeMKVでバックアップしたフォルダをBDに焼く方法

フリーライティングソフト-imgburnを使用して、 MakeMKV/PasskeyでバックアップしたフォルダをBDに焼くことができます。

MakeMKVでバックアップしたフォルダをBDに焼く操作手順

  1. imgburnをダウンロードしてPCにインストールします。imgburnを起動して、「Write files/folders to disc」を選択します。

  1. 書き込み可能な空白のディスクをドライブに入れて、フォルダを「Source」の下にドラッグ&ドロップして追加します。あるいは、フォルダアイコンをクリックして、MakeMKVでバックアップしたフォルダを選択します。
  2. 画面の左下にあるディスクのアイコンをクリックします。

まとめ

以上はMakeMKVについて、MakeMKVでBlu-rayビデオをバックアップする方法、MakeMKVバックアップできない時の対処法と代替ソフトウェア及びMakeMKVでバックアップしたフォルダをBDに焼く方法をご紹介しました。MakeMKVは無料で利用できる、音質・画質劣化無しでBlu-rayビデオをリッピングできるなどの良い点がありますが、エラーが発生してバックアップに失敗する問題も多いです。それで、Blu-rayビデオをPCにバックアップする場合、より安定なPasskey for ブルーレイをお薦めします。またMakeMKVで作成したフォルダの iso化またはBlu-rayディスクから直接isoを作成したい場合、Passkey for ブルーレイを使用することもできます。最後に、フォルダまたはISOイメージファイルをBDに焼くには、フリーのライティングソフトimgburnを使用できます。

カテゴリー
MakeMKV 使い方

MakeMKV 使い方│Blu-rayをMKVにリッピングする方法

MakeMKVは無料のMKVリッピングソフトとして知られています。DVDFabはDVD、Blu-ray、動画、UHDに関しての全面のソリューションを提供している強力なソフトウェアです。この記事では、この2つのBlu-rayリッピングソフトのインストール方法、言語設定方法及び使い方、 makemkvとDVDFabの比較についてご紹介します。

カテゴリー
MakeMKV概要

MakeMKV概要

目次:

  1. MakeMKVとは?
  2. MakeMKVの主な機能と特徴
  3. MakeMKV Betaと試用期間の延長方法
  4. MakeMKV Betaのインストール方法
  5. MakeMKVを日本語化する方法
  6. MakeMKVのリッピング機能の使い方
  7. まとめ
MakeMKVとは?

MakeMKVは、お持ちのビデオを、どこでも再生できる無料で使えるフォーマット(MKV)に変換してくれるワンクリックソリューションです。MakeMKVは、「トランスコーダー」とも呼ばれる動画形式変換を行うツールです。独自の(通常は暗号化された)ディスクのビデオクリップをMKVファイルに変換し、ほとんどの情報を残しながらも、ディスクの内容を変更することがありません。

MKV形式では、複数のビデオ/オーディオトラックをすべてのメタ情報とともに保存し、チャプターをそのまま残すことができます。ほぼすべてのプラットフォームでMKVファイルを再生できるプレーヤーが多数あり、MKVファイルをDVDやBlu-rayディスクなどの多くの形式に変換するツールがあります。

MakeMKVの主な機能と特徴:
  • DVDおよびBlu-rayディスクをMKVファイルに変換
  • Blu-rayディスクのAACSおよびBD+プロテクトを処理(CPRMや
  • AVCRECなどには未対応)ビデオ及びオーディオトラック、チャプター情報、メタ情報をそのまま保存
  • 高速変換:ドライブがデータを読み取れる速度の速さだけに変換する
  • DVDやBlu-rayをフォルダに丸ごとバックアップ
  • Windows、Mac、Linuxで利用可能
  • DVDディスクの解析機能は常に無料
  • ベータ期間中、すべての機能(Blu-rayの処理を含む)は無料

豆知識:MKVは「Matroska Video」の略です。Matroskaはコンテナファイルのフォーマットで、無制限の数のビデオ、オーディオ、字幕トラック、およびメタデータを格納できます。これは実は複数のサウンドと字幕トラック、チャプター情報、ムービーのサムネイルを含むムービー全体を単一のファイルに入れることができることを意味します。

MKVファイルは多くのメディアプレイヤーで再生できます。MKV動画の再生に対応するメディアプレイヤーはALLPlayer    BS.Player、CorePlayer、DivX Player、Daum PotPlayerGOM Player、Gstreamerベースのプレイヤー、jetAudio、The KMPlayerTotalMedia、Theatre Media Player Classic、MPlayer、MPlayer Extended、ShowTime、SMPlayer、Target Longlife 、Media Player、The Core Pocket Media Player、VLC media player、xine、Zoom Player GNOMEビデオなどがあります。

MakeMKV  Betaと試用期間の延長方法

MakeMKV  Beta はMakeMKで提供された30日間無料で利用できる評価版です。試用期間が切れた後、「MakeMKVフォーラム」内で定期的に発行され「CurrentBetaKey」というファイルを入手したら、試用期間を延長することができます。

MakeMKV  Betaのインストール方法

MakeMKV  Betaをインストールするのは、公式サイトから直接にダウンロードすることがおすすめです。「Download」をクリックして、ダウンロードページを開きます。自分が使うオペレーティングシステムに応じて、ソフトウェアのバージョンを選択して、ダウンロードします。ダウンロードが完了したら、指示どおりにインストールを行います。

Setup_MakeMKV_v1.14.7 をダブルクリックして、インストールを開始します。まず、言語を「English」に指定します。「OK」をクリックします。

「Next」をクリックします。

「I accept the terms of the License Agreement」をチェックを入れて同意します。そのまま「Next」を押します。

ソフトウェアのインストール場所を選んでから「Next」をクリックします。

「Install」をクリックします。インストールが完了するまで待ちます。処理が終わったら「Next」をクリックします。

「Finish」をクリックします。インストールがこれで終わります。

 MakeMKVを日本語化する方法

インストールされたソフトを起動して、上の「view」ボタンを押して、「Preference」をクリックします。そして「Language」をクリックして、日本語を選択します。「OK」をクリックすれば言語の設置が完了します。MakeMKVを終了させてから、もう一度起動します。それで言語が日本語に変更完了です。

MakeMKVのリッピング機能の使い方

Step1MakeMKVを起動して、光学ドライブにすでにDVDやブルーレイディスクが入っている場合は、MakeMKVが自動的にディスクを読み込みます。ISOファイルをリッピングする場合は、右上の撮影機のアイコンをクリックして、ISOファイルを選択して、読み込みを開始します。

Step2このようなメッセージが出てきます。「Yes」を押します。そして、ファイルの分析が始まります。

Step4分析が終わると、リッピングしたいタイトルを指定します。そして、出力フォルダーを選択します。右の「Make MKV」ボタンをクリックします。

まとめ

一枚のブルーレイディスクを変換するには大体十数分でできますが、理由不明で失敗することが結構多いです。MakeMKVは破損したディスクを処理することがあまり得意ではないようで、傷のあることろを飛ぶので、結局一部のファイルしか変換できなかったということがよく発生します。そのため、結構スピードが速くて使いやすいソフトウェアですが、変換が不安定なので、DVDFabのようなコピー・リッピングソフトウェアが必要なのかもしれません。

Blu-ray MKV 変換,Blu-ray MKV リッピング
DVDFab Blu-rayリッピング

DVDFabも長年を渡って多くのユーザーに重宝されるDVD・BDコピー・リッピングなどを機能を備えたソフトウェアです。MKVはもちろん、MP4、FLV、AVI、WMV、VOB、M2TS、TSなどの形式に変換するのもできます。

DVDFab Blu-rayリッピングツールを使って、MakeMKVで失敗したファイルをもう一度リッピングしてみたのですが、成功でした。MakeMKVと比べて、リッピングする時間が多少長くなりますが、開発・更新がまだ続いているソフトなので、最新のコピーガードにも対応します。さらに、傷のあるディスクもちゃんと処理できるらしくて、頼もしいツールです。失敗やエラーが心配する方には、こちらのソフトのほうを選んだほうがいいかもしれません。